最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

Doing endless travel for the height (なんだかんだって、実際は多分Perfumeを中心としたブログ)
 
 
プロフィール

しゅな

Author:しゅな
Perfumeにハマッてから他の音楽・ライブにもハマり、今ではそれらが完全にメインの趣味になってしまいました。でもやっぱりPerfumeが一番である事には変わりありません。
リンク・コメント・ツッコミはお気軽にどうぞ♪
文章は苦手なんでイラストで誤魔化しています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ユーザータグ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとフェスに行ってくる。 

梅雨が明ければいよいよ・・・夏!!

夏と言えばフェス!!!

今年は1月から始まった「JPNツアー」に多くの方々が参戦されまして、多くの「Perfumeジャンキー」を
生み出したと思います。

そうなると必ず発症するのがPerfume見たくて仕方ない症候群(仮)

ライブはもとより、TV番組、ラジオ、雑誌、等々・・・常にPerfumeの情報を求めて
砂漠の中のオアシスを求めて界隈を彷徨う事でしょう。

そこで目の前に現れたカンフル剤、夏フェス!!!

Perfume見たいいいいいいいいーーーーーーー(><)
フェス?何それ??でもPerfume出るなら行きたい!!・・・ってキモちは判りますが
初めて(ロック)フェスに参加される方はちょっと落ち着いて
ネットや知人から情報をよく仕入れておく事をオススメします。

っと言っても私も去年の夏が夏フェスデビューなんですが・・・(^^;

多少なりとも経験した夏フェス、そしてPerfumeと言えばロック!(?)
という事で
雑多な私のライブ経験も含めアドバイス出来れば、多少の情報源にでもなれば・・・ということで。

*超初歩的な事
フェスには座席や整理番号は基本的にはありません。
早い話、早いもの勝ち見たいな所はあります。
だからと言って徹夜してでも先頭に並ぶ事はありません、近所迷惑になってしまいますのでヤメましょう(^^;
ドコのフェスでもそうですが、お目当てのアーティストが出てくるまで最前列付近で待つのは
マナー違反とされています。実際には最初から待っている人も見受けられますが・・・
大抵ロックフェスでは、自分が見たいアーが終わったら次のアーのファンと入れ替わるのが普通です。
私もなるべく最初から前にいるのは止めるようにしていますが・・・時と場合によって変えてます。
賛否両論あるでしょうけど・・・どうなんでしょうね?(^^;

サマソニ2011の様子。今年はここでPerfumeです!!
座席はありますが指定ではなく、ブロック(L/R)に分かれて入場するだけです。
0625b01.jpg
風通しも悪く、足元はビニール。水が撒かれるそうなのですが、

その時の灼熱蒸し焼き地獄 は

相当のものらしいので注意!!!

*会場
夏フェスと言ったらやっぱり野外!緑に囲まれて音楽を聴く事がいかにキモチイイことか
一度でも体験すると病みつきになるかもしれません。
ROCK IN JAPANなどのフェスでは屋台も沢山出ておりそこで食べるご飯もまた
楽しみになるくらい、音楽以外でも飽きさせないようになっています。
もちろん家族連れで来て、シートを敷いてゆっくりくつろいでもいいでしょう。

ただ会場となるフィールドは大音量で音楽を流す関係上、どうしても郊外になってしまうので
交通の便がやや悪いのは仕方無いことです。事前に交通機関や、前泊する場所などを検討しておいたほうがいいでしょう。
クルマで行ってもダイジョウブですが、大抵は駐車場付きのチケットになっていることが多いので
その辺もよく確認しておいたほうがいいですね。
日帰りならお酒は呑めませんから注意!(笑)

*ライブ中
真夏の屋外ですから、当然暑いです!!
しかも前の方でガツガツ体験したいなら、立ちっぱなし!
暑さ対策・熱中症対策は必須です。
特に熱中症は甘く見ているとそのままSEVENTH HEAVENにGO!ですから
迷惑をかけないためにも対策は充分採っておきたいところ。
無理はしない、具合が悪くなりそう・・・な時点で廻りに助けを求めるか身体を休めるところまで退避。
帽子やバスタオルなどで直射日光を遮るだけでもカナリ違います。
普段から汗をかくようにカラダを夏仕様(!)にしておくのも大事、汗をかきなれてないと大汗をかいたときに
一気に身体の中のミネラル分が抜けてしまい危険です。

*少しでも前で見たい!
Perfumeライブもそうですが、ロック系の激しいライブで前の方に行くなら相当の覚悟が必要とあえて脅かしておきます(^^v
ロックフェスでの最前列付近はははっきり言って「猛者」の集まりだと思って下さい。
「猛者」というと荒くれ者の集団のように見えますが、ちゃんと判っている人達、という事で
具合の悪そうな人はちゃんと助けてくれたり、後ろに下がろうとする人に道をあけてくれます。
だからと言って「初心者なんだから」という顔をしても廻りに迷惑がかかりますので注意が必要です。

ライブはオールスタンディングです。
つまりみんな立ちっぱなし。座席も自分だけの場所と言うものもアリマセン。
とくにフロントエリア(ステージから20mくらいまで?)ははっきり言って戦場です。
押された、ぶつかった、足を踏まれた、等々で文句を言う人は来ないで下さい(笑)そういうものなんです。
時に頭上からペットボトルの水が撒かれたり、頭上をクラウドサーフ(*注)する人が現れるかもしれません。
サーフは大抵のフェスでは禁止されてますが、全く無いとは言い切れません。

そうなってくると服装等のスタイルも重要になってきます。
基本的には動きやすい服装、スニーカー、Tシャツ、タオル、、、等々
サンダル/ヒール・ピアス・束ねてない髪、等もタブーです。大きいカバンやリュックも×
むしろ危険なんでこっちが気を使ってしまいますね(笑)
眼鏡使用の方はちゃんとバンドで止めてないとどっかにいっちゃいますからね!(経験者)
荷物は最小限の小さなバッグ(去年の夏グッズのショルダーみたいな)で挑みましょう。
そのカバンに最低限の水などを入れておきます。疲労回復にはアメ玉なども有効。

まぁ何が言いたいのかと言いますと

アリーナやホールでのライブとは桁違いに環境の劣悪具合はハンパなく悪い!

という事です。
その辺は重々理解と覚悟の程をよろしくお願いします(笑)

以上は「フロントエリア」と呼ばれる圧縮でギュウギュウ、もしくはモッシュでメチャクチャ!な
所でライブに参戦される方へのアドバイスですので、そのエリアから少し下がったところならそれほど劣悪な環境ではアリマセン(^^;
ただ、何メートル離れれば大丈夫かどうかはその時々にもよりますので一概にはお答えできませんww

*まとめ
何が言いたいのかと申しますと、座席指定のライブと、フェス等の「オールスタンディング」とのライブでは
オーディエンスの晒される環境が激しく違うという事です。
そこら辺の温度差を判っていただければいいのですが・・・

Perfumeのライブははっきり言ってそこら辺のロックバンドのライブ並み・・・もしくはそれ以上の激しさになる、と言っても過言ではアリマセン。

むしろロックフェスにPerfumeが参加してたからこそ、今のライブの盛り上がりの基礎?が出来上がったと
私は思ってます。
巷の「アイドル」とも違う、ロックでバリバリの、オーディエンスを煽りまくるライブ。



そんな激しさと情熱に惹かれてしまった私の意見です(^^;

補足やご意見があれば是非コメントお願いします。



ではでは。









ばいびろん☆


(*注)クラウドサーフ
クラウド・サーフィング (crowd surfing) とは、主にロックコンサートにおいて、体を支えられた人間が他の観客の頭上を泳ぐように移動する行為である。
(wikiより)


国内ではよく「ダイブ」と言われてますが厳密には観客はサーフ、ダイブは文字通り
アーティストがステージから観客の頭の上に「ダイブ」する事を指す。

私のように身長があると予期せぬ方向(後方から)アタマを蹴られたりメガネが飛んでっちゃうので
迷惑この上ない(笑)
キケン行為なのでゼッタイに良い子のみんなはマネしないでねw








*6/25記事を追加








関連記事
コメント
>かずきさん
コメントありがとうございます!

フェス楽しんで下さいね~♪
他の方のフェスレポも参考にしてみて下さいw
ありがとうごさいます!!
参考になりました!!
>ゆりこさん
コメントありがとうございます。
マリンの灼熱地獄はいろいろ聞いてますので
結構びびってます(笑)
パフュの登場する時間帯にもよりますね~・・・どうしよ
今から体力作りして、フロントエリアに行きたいくらいなんですがwww
この日はOPアクトの「FLiP」でも結構燃焼する予定なので
当日の体力と体調に相談ですwww
こんばんは
マリンの放水、浴びてきてくださいませ!
アリーナ前列ですよ♪

私は今年ものんびり後方アリーナから見ます。

以前、雨振りの時があって、意外と快適でした。
濡れるくらいがちょうどいいかもしれませんね。
>いけぽんさん
コメントありがとうございます。
おお!サマソニ行かれるんですね!
こんな情報で大丈夫でしょうか・・・?
サマソニは屋内ですが暑いです、、、水分補給に気をつけて下さい(^^;
マリンステージ、アリーナに出るか悩んでるところですw
>babachoさん
コメントありがとうございます。
えーと、まだ200回も行ってません!(笑
私だってこんなにライブ参加回数が増えるとは思いもしませんでしたしwww

夏!野外!!
楽しみましょうね~♪
あ、ケガと弁当は自分持ちで!(笑
とっても参考になりました。
今年は無謀にもサマソニに初参加する事しましたので、正に知りたい事が満載でした(^O^)ありがとうございました。
さすが!
年間200回ライブに行っている強者さん!(笑)
非常に参考になります。ありがとうございました!
恥ずかしながら野外の夏フェスは今年が初めてですので・・・・・
お兄さん!付いていきま~す(フフフ)
>噛みの子さん
コメントありがとうございます。

は~い。。。そこは「のち男センセイ」が
記事に追記しておきましたからね~~~~

ハイ!!ココテストに出ます!!

ちゃんと勉強しておいて下さいね~♪
ちなみに
グッピー的な質問には答えられません~ww
>ビギナーさん
コメントありがとうございます。
フェスは、自分の立ち位置を自分で決められるので
その点、自由度は高いです。
前方の「戦場」に赴いても構いませんし、後方からまったりと楽しむのも当然アリです。
でもパフュライブの、あの一体感、一度味わっても損は無いかな・・・?(^^;
無理せず楽しみましょう♪
>massasueさん
コメントありがとうございます。
まぁ「ロックフェス」ならばドコの会場も同じような感じだと思います。
フロントエリアは音楽のみを純粋に楽しむには不適な場所ですね(笑)
私もあの廻りとの一体感がとても好きなので、どうしても後方でゆっくり見る・・・という事が出来ませんwww

最初は後ろで・・・と思っていても気が付いたら前の方に!いいじゃないですか、加減をみて自分のベストポジションで楽しみましょう♪
せんせー!「クラウドサーフ」って何ー!?
と、子どものっちが申しております(笑)
ご解説ください(笑)
なんてタイムリー
まさに今ツアーではまったので初の夏フェスに向け参考になりました
ちっさいおじさんは無理しないでスタンド観戦かな~
フェスの前の方は戦場ですが...
RIJFしか行ったことありませんが...

フェスの前の方は戦場のように激しくて、Perfumeのパフォーマンスをじっくり鑑賞できる環境ではないのですが、周囲の盛り上がりとか高揚感が半端ないですね。ワンマンの会場の空気がフェスの前の方と比べると希薄で物足りなく感じることさえあります。

中高年には厳しい環境なので、今年は少し後に下がった場所にしようと考えていますが、また気がついたら前の方に行ってしまうかもしれません。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ceramicsboy.blog27.fc2.com/tb.php/560-965fff67
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
勝手にリンク(^^;
ナタリー
キモい情報♪
pixiv
あわせてこ♪
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。