最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

Doing endless travel for the height (なんだかんだって、実際は多分Perfumeを中心としたブログ)
 
 
プロフィール

しゅな

Author:しゅな
Perfumeにハマッてから他の音楽・ライブにもハマり、今ではそれらが完全にメインの趣味になってしまいました。でもやっぱりPerfumeが一番である事には変わりありません。
リンク・コメント・ツッコミはお気軽にどうぞ♪
文章は苦手なんでイラストで誤魔化しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ユーザータグ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買っちゃ・・・ったw 

「Cars2」が想像以上に良かったので、

勢いで「Cars」もポチりました(笑

0818b1_20110819195901.jpg

基本的には今回「悪役」というハッキリとした人物(車)は登場しません。

なので、よくあるハリウッド映画にある「勧善懲悪」パターンとは
少し違います。
あえて言うなら、悪役というより視聴者から嫌われる役として
主人公っぽい「マックイーン」ではないでしょうか(^^;

彼はスクリーンに登場した時から高飛車で、高慢で、自分一人で全てやってきたんだという
間違った思い込みの激しいキャラとして描かれます。

その彼の心境が少しずつ変化して、本当に大事なものが何か、と言う事に気づく過程からしてもう
(T-T)なんです。

この「嫌われ者」がいつの間にか「いいヤツ」に変わるパターン…

どこかで見た事があったと思えばそう、

「宮崎アニメ」そのものなんですね~

よく、悪役が主人公の「浄化作用」によってキャラが変わっていく様を表現したものですが

今回のそれも全く同じものなんです。

私はそういう所が大好きです♪

その、浄化されていく様、がとても心地いいのです。

そして大団円で終わるエンディング…


時代劇のようでワンパターン、と思われる方もいるかもしれませんが

この「王道」を極めている映画ってそうそう無いと思いますw

観た後にとてもスッキリした気分になるんですよね~♪
関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ceramicsboy.blog27.fc2.com/tb.php/376-b90c122d
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
勝手にリンク(^^;
ナタリー
キモい情報♪
pixiv
あわせてこ♪
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。