最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

Doing endless travel for the height (なんだかんだって、実際は多分Perfumeを中心としたブログ)
 
 
プロフィール

しゅな

Author:しゅな
Perfumeにハマッてから他の音楽・ライブにもハマり、今ではそれらが完全にメインの趣味になってしまいました。でもやっぱりPerfumeが一番である事には変わりありません。
リンク・コメント・ツッコミはお気軽にどうぞ♪
文章は苦手なんでイラストで誤魔化しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ユーザータグ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿鼻叫喚抱腹絶倒感謝感激ポリ嵐w 

さてさて~私の夏フェス参加計画第二弾としまして、

SUMMER SONIC 2011に参加してきました~♪

0814b3.jpg

幕張会場としては2度目、サマソニは初参戦ですw

今回もレポはパフュ+くらいにして
一気にザザーッと書こうと思いますv

前回のサマソニ2008の教訓?から、今年は最大ステージの「MOUNTAIN STAGE」で
行われました。前回のCDJと同じ場所ですね。

駅で「チョービギナーさん」と合流しまして、11:00の開演よりも少し早く(Perfumeは13:55)会場入りし、
まだ人の少ないフロントエリア、ステージに向かって左側「ゆかちゃんサイド」に進みます。

この時点でステージから10mと少しくらいでしょうか、それでも若干不安になる距離です(笑
でも振り向けばまだガラガラ、中央部はかなり混雑しているようです。

2組目のステージが終わった頃から圧縮が始まってきてだんだん人の熱気がこもってくるようになってきました。

直前のBoAさんが終わってすぐに圧縮開始(笑)パフュ開始前からこんなに圧縮されたのは初めてです(>_<;)
例えるなら満員の通勤電車でも、まだ駅員さんが押し込まなくても乗れる程度?なんとかつり革に手が伸ばせるか
どうかの身動き具合でしょうかw

直前の立ち位置。
スピーカーのまん前、人の列からして5~6列目前と横の柵が近いです。
柵に密着してしまうと「肋骨がヤバイ」そうなので近づかないようにします(笑
0814b1.jpg

ステージの方。
バミリを段取りしています。
セットがないのでやることはバミリセットと、3人の補給する水の準備、それとマイクスタンドo(^-^)o
これはもしや…?とセトリが気になりますwww
0814b2.jpg

開始の13:55が近くになるにつれ、流れていたBGMが止まるたびに拍手と叫びが…!
圧縮もだんだんキツくなり、
「これヤバイ」を
となりのチョービギナーさんに何回も言っていた気がします。
しつこくてスイマセンでした(笑
っというかこの時点で自分のテンションがおかしいです(≧∇≦)

パッと客電が落ちた直後・・・

強烈なシンセと共に頭上に舞い降りる「FAKE IT」の爆音!
「FAKE IT」のイントロで始まるフェスは3度目、もう解っているのに…
気分が一気に高揚していく音は、まさにこのために作られた曲ではないか?

ヤスタカ氏とあ~ちゃんがニヤニヤしている姿が目に浮かびます(笑

01:FAKE IT(フル)
02:ねぇ
03:レーザービーム


この(圧縮)状態で跳ぶの?!など考える間もなく体が反応し(^^
ステージに顔を向けながら跳び続けます。
圧縮が凄まじ過ぎて、左右には流されましたが横倒しになる隙間すらないので倒れる事はありませんでした。
始まって数秒で横にいたはずのチョーさんは見えなくなりました(--;

サビの「フェイキっ!」を叫びながら爆音とリズムにもまれるこの時間。

楽しいんです。跳びながら体を後ろに向けて皆の様子を見るとやっぱり笑っているんです。

これはスタンディングのPerfumeライブ、フロントエリアの一部でしか味わえない楽しみです。
こんなに激しい圧縮&モッシュはそうそう味わえないと思います。
今現在、パフュがフェスに参加出来ているからこそのこの貴重な時間は「プライスレス」(笑

立て続けに「ねぇ」「レーザービーム」と
会場の熱気は最高潮に達します。

夏フェスで「フェイキー」から3曲連続はもう立派に「デス・リスト」ですからw
3人も2曲目で汗だくだったらしいので相当辛いようです。

ようやく?休憩を兼ねたMCです。
私の周りも熱気で湯気が出ているように見えましたwメガネが曇ります(^^

MC
04:Baby cruising Love
05:微かなカオリ


あ~ちゃんが「初めてフェスに出させていただいたのがサマソニさんで、3年振りに出場できて
嬉しい」みたいな事を言ってました。
のっちも2人が水分補給をしている間に一人前へ出て何か一言二言しゃべって
すぐにまた休憩にも戻ってしまったのであ~ちゃんに「それだけ?!」と
ツッコまれていました。

「今日はちょっと昔の曲を・・・映画にも使われ云々」と始まったのが、大方の予想にもでてました

「BcL」

私は初めての生BcLに感動でした。わけゆかBcL復活でしたね(笑
終わってから感動の余韻に浸る間もなく、あのオルゴールで始まった

「微かなカオリ」

まさかフェスにこれが出てくるなんて誰も思わなかったのか少しどよめきが…?
ライブ初披露、しかも踏み台なしバージョン(笑
3人が手をつないで前に出てくるシーンなんかは
「ほんっとに楽しいーーーっ」オーラとか、ココロの粒子とか、なんかいろいろ出てた気が、
いや…出てました(*^_^*)

P.T.Aのコーナー
06:ジェニーはご機嫌ななめ
07:チョコレイト・ディスコ
08:ポリリズム


そしてP.T.Aのコーナー
今回は、ホーゥ、ウルトラソウル、サバイバルダンス、ハミガキ、と続き
夏フェス特別仕様のコール&レスポンス。
前回と同じかな?と思ったら「ズッキンドッキン」と来ました(笑
本当に予測不可能なセトリですねぇwww

そしてあ~ちゃんの声で
「ジェニーはご機嫌ななめっ!」
そう、冒頭のマイクスタンドはジェニーの為だったんですね~
ドーム以来、フェスでは初体験です。

イントロからの”ヘイ!ヘイ”から始まって
久々に全開の名前コール、ファンを中心に

「あ゛~ぢゃ~んっ」
「のっぢ~~~っ」
「ゆっかちゃ~んっ」

会場全体に響き渡ります(笑

そしてココ最近の鉄板チューン
「チョコレイト・ディスコ」に続きます。
気のせいか、後半にかけてだんだんと重低音が強くなってきている気が…
そりゃスピーカーのまん前ですから初めから強烈な音圧なんですが、きっと
気分的なものもあるんでしょうね(笑

最後はやはり
「ポリリズム」でバッチリとキメ、アツいステージは終了しました。

引き際にあ~ちゃんの「ずっきんどっきん」コールで

皆笑顔で見送っていましたw


今回のセトリは前回のサマソニは30分しかなく、4曲だけだったらしいので
その分今回に持ってきた為のセトリのような気がしました。
2008年のセトリにもBcLは入っていましたが続きでジェニーも入っていて、都合でカットされてしまった分ではないだろうかと…

ちょっと圧縮がキツかったですが、少なくとも私の周辺ではいつものフェス、スタンディングでのライブ
よくある光景でいつも通りのような感じです。

モッシュ、圧縮は前方の一部だけですし、下がればだいぶ緩和されます。
噂では入場規制がかかったとか?
途中で係員に何人かの女の子が救出されたり、KYなフトドキ者がクラウドサーフしてつまみ出されたとか
多少はありましたが、ロックフェスでは珍しくない光景ですね。(あってはならないと思いますが)

しかし見知らぬ人達と一緒にモッシュしながら爆音に身を委ねて叫んだり踊ったりするこの一体感は
こういったフェスでしか味わえませんので、
Perfumeが路線変更してフェスに出なくなる前に一度は体験しても損はないと思います。

出来れば参加する前に、ネットで様子を調べたり、経験者に現場の話を聞いて準備して行ったほうが
ベストです♪



次回は「モンバス」です(≧∇≦)
まだ夏は終わりませんっv


関連記事
コメント
>electrocatさん
コメントありがとうございます。
ん~…

まずは至近距離で見てしまったから?

カオリ、の投げキッスを全身に食らったから?

初めはナチュラルな分けゆかだったのが次第にでこゆかになったから?

多分今までライブで何度も見ていても、やっぱりフェスではじけるゆかちゃんを生で見てしまったから
きっとお友達は遠い世界へ・・・じゃなくて電脳猫界に近い所まで来たのではないでしょうか??(笑

いつかはそのお友達も紹介して下さいwww


今夏最後のパフュ夏フェス、モンバス。

もう行けるトコまで行く覚悟ですから。
肋骨はちょっと不安ですが(笑
悔いのないようにしたいですね~♪
なんかね…
僕の友人がかっしかしにされて帰ってきました。

いったい何があったのぉぉぉ!?( ̄□ ̄;)!!

その友人は、パフュのライヴは今回で3回目で、ドームにも行っています。
そんな彼が今さら?
だから何かすごーーーく(*´∪`*)ハニャ~ンなことがあったはずなんですけど。
嘆きっす、いや投げキッスが直撃したのかなぁ…
何があったのぉぉぉぉ!?(T_T)kwsk~~

僕もモッシュが大好きです。
しゅなさんと同じでモッシュに揉まれていると笑っちゃいます(笑)
モンバスでは肋骨を折って帰ってきましょうね(笑)
>スーさん
コメントありがとうございます。
「微かなカオリ」は他の曲と比べると低音のバランスが
?なのでああいった会場ではそれが顕著に現れてしまうんでしょうかね?

音圧的にはRIJFのセンターよりはやや抑え目な感じでしたが、室内と言うことでまた違ったのかも知れません。
まぁいつかのZeppよりは全然快適でしたが(^^;

少なくともスピーカーの直前ではテッシュ耳栓はあったほうがいいかもしれませんね~(笑


お疲れ様でした。
私は単独でお二人の後方15mぐらいのところにいました。

音はすごいというより酷かったですね。
爆音姐さんやりすぎです(苦笑
後半、音圧が上がったのは気のせいではありません。
微かなかおりのぐらいからベース音は完全につぶれてました。
まぁ、もっともそのせいで廻りの初パフュな人達は
こんな可愛い曲でこのベース音はなんじゃ?
とビックリしてましたが(笑)
今回もティッシュ耳栓は大活躍でしたよ~♪
>mtstさん
コメントありがとうございます。
多くの方が心配されていた?サマソニでしたが
いつものフェスのようなお祭り騒ぎで帰還しましたw
あれだけの人数、今夏の暑さを鑑みると何人かは途中でリタイヤしてしまうのは仕方ありませんでした。

私的には前回のフェスと同様に
モッシュに揉まれて笑っていましたが…
屋内ですとそれほど待ち時間も苦痛ではアリマセンでしたが…ちょっと圧縮され始めるタイミングが早かったですw

あのライブが
始まる直前の期待と不安…武者震いといいますか
不安を抑えるためにアドレナリンが分泌されるのか良く解りませんがドキドキが止まらないのは確かでした(笑

セトリも今夏は全部同じにしてしまえば本人達もスタッフもラクなはずなんですが、あえて細かく変えて皆を楽しませたい!という心意気が伝わってくるようで嬉しいですw

その辺りTeamPerfumeの職人のようなワザというか
真髄のようなものを感じます。
>チョービギナーさん
コメントありがとうございます。

いやー半分冗談交じりで言っていたのですがまさにその通りになってしまいましたねw
名(迷)コンビ、いつでも出動OKです(笑
まだチョーさんとは2回しか幕張でライブに参加してないのに、2回ともサプラアアアアイズ(笑
を味わってしまったものですから、次回もゲンを担がせてください(笑

まぁライブは一期一会と、どなたかが仰っていたように、その回でしかない演出やMC、セトリが
ありますけど、やっぱりそれだけで済ますにはライブの楽しみってものが減っちゃいますからねv

それにしてもほんっとにあのライブ終了後のチョーさんの顔、満面の笑みを浮かべて「ヨカッタ~」を連発されるとこっちまで嬉しくなっちゃいますよ(^^
私も今回は混雑を避けようとどっちかのサイドで観戦しようと思っていて、
ゆかちゃんサイドに陣取って正解でしたねw中央ならさらに激しい
モッシュにもまれてステージが見えなかったかも…?

今回のセトリは前回のひたちなかのセトリから2つくらい引いて「BcL」を入れるくらいで
あまり変わらないのかな?などと思ってましたが、やはり”キセキ”の幕張。
まさかの「カオリ」と「ジェニー」
もうこれだけで来た甲斐があったというものです。

去年のRIJFでジェニーを披露した時はどれほどグギギだったことか(笑

やっぱりチョーさんには「ゆか”さん”」コールが似合いますねw
しかもジェニーまでゆかさんとはwww
ちゃんと”あ”の数は10個で表記しているあたりキモいです(笑

あの「ハートマーク&親指立て」でゆかさんを熱く語る姿は
某電脳猫さんと唯一タメを張れる存在であるということを改めて認識しましたw

耳はその後大丈夫でしょうか?
私は大抵爆音ライブの後は数日耳鳴りが止みません。
各所筋肉痛も絶賛継続中です(笑


>何でそうまでして最前線に踏みとどまり続けていたんだろう
>自分なりの「エール」を返したかったんだ....としか言いようがなくて。

その通りだと思います。
彼女たちはいつのライブでもお互いに楽しくないといけない、という信念が根底にあるので
それに素直に応えて、その意思表示がとてもライブでは大事なのだと思います。
「にゃん!」って言ったら「にゃん!」と返さないとダメですから。
(GAME TOURのあ~ちゃん風)

この1日は本当に充実した1日でした。
普段45分間も叫んで跳んで汗かいて・・・ちょっと泣く(笑
なんて事はありませんから、貴重な非日常をくれた彼女たちには
感謝ですねv


もちろん次回CDJでお会いしましょう♪
おぉ
ご無事でしたか(大げさ)
なんだかんだで楽しめたようで良かったですね。

>っというかこの時点で自分のテンションがおかしいです(≧∇≦)
多分人間として正常な反応なんだと思います。
快楽と不安が渾然一体となるとそういう状態になるんでしょうね(完全に持論)
セットリスト1つとっても彼女達の熱心なファンの方に対する愛情を感じますね。
通称、「キセキを呼ぶ二人」(笑)。
いやー。お疲れさまでした。とてつもなく楽しい一日でした。
しゅなさんたら朝から「チョービギナーさんと一緒だと何か起こりますよね、期待しちゃう‼」とか
おっしゃってましたけど....結局いくつものキセキ、起こしちゃいましたね。
「スタスキー&ハッチ」「トミーとマツ」に負けないキセキを呼ぶフェスコンビ「ビギナーとしゅな」、
結成ですね、うん(笑)。

いっやー。でもそんなにあっけなくしゅなさんとはぐれてたとは。
「FAKE IT」の ♪フ゛ェ!フ゛ェ!フ゛ェ!フ゛ェ!フ゛ェ!フ゛ェ!フ゛ェ!フ゛ェ!のあの
シンセの音はやっぱり反則でしたね。あれですっかり我を忘れてしまいましたもん。
もういやがおうもなしにタテのり地獄に巻き込むキラーチューンでした。
あと、しゅなさんと去年の暮れに見たCDJでは出囃子の扱いのフェイキ、から「ねぇ」だったのが
きのう、ようやくそれぞれのフル尺で、ようやくその全貌を楽しむことが出来た、という訳ですよね。
つまりその完成形をようやく目にすることが出来た、と。

それにしてもあそこまでセトリに手を加えて、攻めてくるとは。ひたちなかも参戦してた
しゅなさんも大満足だった今回のサマソニ東京のセトリ。
electrocatさん言うところの「おねいさんのBcL」はサイコーだったし、
その曲なか、こっちに歩み寄ってきてくれたゆかさんとアイコンタクトできた、しかも
両手で「♡マーク」と「親指立てサムアップ」を繰り返ししてゆかさんに、感謝のキモちを直接
伝えられたこと、もう一生の思い出でございます!

あと私にとって「新生わけゆかさん」をナマで観れたこと。これはホントに嬉しかった。
そしてそのゆかさんたちが歌ったまさかの「カオリさん」と「ジェニー」。
特にジェニーは、人目をはばかることなく、公然と「ゆかさああああああああああん!!」と
叫べるシアワセ(笑)。んもー。ね。
それ以外にも何度、「ゆかさああああああああああん!!」と叫んだことか。

PA櫓目前にいた私は最後の「チョコ」と「ポリ」でついに耳が壊れてしまいました。
あの音圧はすさまじいものが。いや、昇天でした。もう最後は立っているのもどうか、
という程の消耗で、ステージを離れる直前のあ~ちゃんの
♪な~ぎさのはいから人魚ォー キュートなヒップにぃ?
の煽りもまるでFCトゥアーの
「キューティクル妖怪です!」って言ってたパーティガスを吸ったゆかさんのような声にしか
聞こえなくなっちゃったし。

体力を使い果たし、耳もろくに聞こえない状態で、ぱふゅ。のライブが全て終わった直後の
思いつくままの素直な感想は......、
「枝豆くさい....」ということでした(笑)。
45分間、見ず知らずの汗まみれの野郎たちと、ベトベトな汗をこすりつけ合い、絶叫してた
その周囲は、間違いなく「汗くさかった」んです。それもハンパなく(笑)。

何でそうまでして最前線に踏みとどまり続けていたんだろう。
本当の答えはまだ判っていません。でも。あの全身全霊を傾けた渾身のライブを
目の前で見せつけられたなら....。その姿を目に焼きつけたいと思う筈だし、何より
そのケタちがいのアスリートさながらのしなやかで強靭なライブに
「サイコーだっ!!!」と、こちらも身体を張って限界まで自分なりの「エール」を返したかったんだ....
としか言いようがなくて。

それだけ、観る者を掴んで離さないライブだった。ということは間違いなく言えます。
あ、それから夜のライトなキンモー会もありがとうございました。
最高の一日の締めが出来ました。

しゅなさん、今年の暮れのCDJももう決まりですよね(笑)!!!
















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ceramicsboy.blog27.fc2.com/tb.php/371-0972b446
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
勝手にリンク(^^;
ナタリー
キモい情報♪
pixiv
あわせてこ♪
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。