最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

Doing endless travel for the height (なんだかんだって、実際は多分Perfumeを中心としたブログ)
 
 
プロフィール

しゅな

Author:しゅな
Perfumeにハマッてから他の音楽・ライブにもハマり、今ではそれらが完全にメインの趣味になってしまいました。でもやっぱりPerfumeが一番である事には変わりありません。
リンク・コメント・ツッコミはお気軽にどうぞ♪
文章は苦手なんでイラストで誤魔化しています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ユーザータグ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっひゃwww 

まだ「微かなカオリ」も満足にヘビロテしていないのに…

もうPVが公開ですかっ!!

てかナタリー…キモ!!!(笑



「レーザービーム」の女スパイとは対照的な、アイドルアイドル?してるPVです(^^;




っていうかコレも初回版に収録して欲しかったです。もったいない…

「微かなカオリ」は事前情報で?歌謡曲っぽいと聴いていましたが、確かにそんな感じです。

とてもさわやかな印象で、PVのように真夏の高原に来ているかのようです。ドライヴにも合ってる気がします。

もしくはTVドラマや映画のエンディングにも…?

意外と今後のライブのシメに使われるかも!!??


関連記事
コメント
>チョービギナーさん
コメントありがとうございます。
Perfumeの楽曲ってバキバキの流行的なサウンドのようですが、根底に流れるちょっと懐かしいような感覚。
たまにその懐かしい感覚が浮上してきて表面に現れる事があります。今回の”微か”のように(^^
ただ”なつかしい当時”と(微妙に)違うところはこの3人の声が上手くmixされて独特の音になるところでしょうか。
そこが懐かしいけど、古くない、、、的な(笑
今回の最大のサプライズ「微かなカオリ」。
もー参りました。何でしょうか。中田サン。やれば出来るんじゃないですか(笑)。
こんなコトを言い出すのは私だけかも知れませんが、まるで80年代の
松本隆 呉田軽穂 細野晴臣たちが競うようにして聖子ちゃんに楽曲提供を
していた「あの頃」の感覚を思い出しました。懐かしい感じすらします。
今やJ-POP全体を見渡しても、こんな感覚のメロディアスな曲ってあるんでしょうか。
「ここにフォーカスするんだ」本当に気持ち良く意表を突かれた感じがしています。

この前の連休皆さんと飲み会をした時「今度の新曲は中田さんなりの
K-POPに対するJ-POPからの回答」なんじゃないか、みたいなコトを口走りました。
思うに。「レーザービーム」「微かなカオリ」まるで対照的な対をなすような
この2曲で中田サンは「自分なりに考えるJ-POPの在り方」をハッキリと提起してきた。
そんな思いをフラゲのシングルは強く私に抱かせてくれました。

やー、待たされた分、楽しませてもらってます!














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ceramicsboy.blog27.fc2.com/tb.php/296-19e6cee3
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
勝手にリンク(^^;
ナタリー
キモい情報♪
pixiv
あわせてこ♪
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。