最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

Doing endless travel for the height (なんだかんだって、実際は多分Perfumeを中心としたブログ)
 
 
プロフィール

しゅな

Author:しゅな
Perfumeにハマッてから他の音楽・ライブにもハマり、今ではそれらが完全にメインの趣味になってしまいました。でもやっぱりPerfumeが一番である事には変わりありません。
リンク・コメント・ツッコミはお気軽にどうぞ♪
文章は苦手なんでイラストで誤魔化しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ユーザータグ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スルメ大好き♪ 

0424b1.jpg
ちょっと前の”密林”などのレヴューをみていると
「トライアングル(⊿)」の評価がイマイチという意見が多いのが
気になりました。

ま、人それぞれですから評価を否定する気はまったくありません。

そういう自分も「GAME」から入った身としては、当時最新アルバムだった「トライアングル」に
すぐに馴染めませんでした・・・

前作の「GAME」があまりに完成度が高かったというか、優等生過ぎたというか...

その後の「トライアングル」がちょっと不良学生みたいな

少しばかり道を外れてしまった感が

賛否両論を巻き起こしてしまったような気がします。

0424b2.jpg
この頃は例の事件が巷を騒がせていた時期と重なっていたようでw
ファン層にもいろいろ変化が起きていた時期ではないでしょうか?
0424b4.jpg
でもDVD発売頃から少しずつというか、各曲の魅力がじわじわと滲み出してきた気がします。

何度も聞いていると、ヤスカタ+Perfumeの組み合わせがとてもしっくりくるんですよね。

「GAME」も当然素晴らしいアルバムなんですが、味わいというか奥深さは「トライアングル」の方に
分があると思うんですよね(>_<)v

今日は気分もいいし、ちょっとドライヴにでも行ってみよ~な時は「GAME」

今日はいろんな事があったけど、明日からまた新しい気分で行こう~な時は「トライアングル」

ってな感じなワタシです(笑


聞けば聞くほど、色んな思いを噛み締められるのはやっぱり
スルメアルバム!な(笑

トライアングルですwww

関連記事
コメント
>神戸の空さん
コメントありがとうございます。

いえいえ、どんどんコメしちゃって構いませんよ~♪
それにしても今回のコメで皆さんの情熱がひしひしと伝わって来ました。
アルバムは一つの芸術作品ですから、それぞれ違った考え方や想いが出ていいですよね~

私の記事で”GAME”はドライブに、と書きましたが
どちらもドライブにはOKですね。
気分とか時間帯によって変えるのもいいですねv

”GAME”は聞いた時のインパクトは凄かったです。
”トライアングル”は1,2回聞いただけではその魅力は全て伝わらず、何度か聞くうちに急に来るんですね。
まるで冷酒を飲みすぎた時のよう(笑

コンベスは当然また違った魅力がありまして、今回は同列に扱いませんでした。
これを語るには相当に覚悟が必要です(笑
>GAME-edgeさん
コメントありがとうございます。
遅くなり申し訳ありません。

いや~(^^;
思いのほか皆様のコメがアツくて…私の記事には勿体無さ過ぎるくらいです;;;

私もパフュを聞くときはランダムでいろいろな曲を聞きますが、最近はアルバム別のリストで順序経って聞くようになりました。
”トライアングル”は聴いていてあっという間に時間が経ってしまう感じです。

次のアルバム、かなりシングル曲が多いのでもしかしたら2枚組になるようなキモ…??(^^v
曲順等の構成も気になりますね~
皆さんスゴイですね!!
皆さんの”キモさ”あっ、いや”情熱”がスゴイです。ボクみたいなまだまだ”ヒヨっ子”がコメしてえぇんやろか...?

ボクがperfumeを好きになるきっかけを作ってくれた曲が”ORD”なんで、やっぱ”トライアングル”の方が好きかなぁ~。
トライアングルは全体的にキレイにまとまってるように思いますね。
ドライヴにはモッテコイの1枚でしょ!
ホンマ、聴けば聞くほど体の中に”スゥ~”って馴染んでくるアルバムやと思います。
”GAME”良い意味で”あら削り”な感じで、最初聴いた時の衝撃はスゴカッたです!!
”ロックしてるやん!”みたいな...。で、このアルバムで”マカロニ”を知ったんですゎ(←遅っ!)。

perfumeの音楽はまさに”スルメ”!!聴けば聴くほどその”旨味”にはまってしまう!

あぁ~、次のアルバムはいつなんやろぅ??

最近はコンベスがヘビロテでして...^^。
wonder2は”ヤバイ”です。もう何かこう、切なぁ~くなって...。いつの間にやら目から...。
あとシティにもはまってます^^;。
>スーさん
コメントありがとうございます。
遅くなり申し訳ありません。

”GAME”がこってりでしっかりした味付けな焼肉なら”トライアングル”はさっぱりとしていなから味わい深い和食、といったところでしょうか(謎w

片方ばかり聞いているともう片方もまた聞きたくなる、飽きのこない2枚ですね。
ぁ、bitterはスパイスで間に入れてください(笑

次のアルバムの味が気になりますよねv
>スイカさん
コメントありがとうございます。
遅くなり申し訳ありません。

出た当初の評価はあまり芳しくなかったようです(^^;
”GAME”とは違った方向性が賛否を巻き起こしたんでしょうね。

すぐに味わえる”GAME”あとからじわじわくる”トライアングル”2つの味が楽しめます(笑

次回作はどんな味なのか気になってしまいますw
すいません連コメ。
?=トライアングルです(汗。
みなさん、アツい!
もう私なんかが書くレベル超えてる様な(笑。

日頃は自分なりのセトリで聞いてますが、ALBUMを通しで聞きたくなるのは?かもしれません。
GAME、edgeでパフュワールドにハマりましたんで、GAMEも好きなんですが。

しゅなさんやPPPHIVEさんと同じで、ALBUMはその一枚が一つの作品で、一曲目から最後まで飽きずに聞けるかがポイントだと思うんです。
ストーリー性と言うか、流れってたしかにある。そう言う観点から見ると?が一番流れてていい。
勿論、GAMEもコンベスも好きですが(笑。

ですから、間もなく出るであろう、四枚目はかなり期待しています。どういった流れを見せてくれるのか。Single曲がどれも個性的で素敵な中、ヤスタカ氏がどうまとめ上げてくるか。
怖いもの見たさのゾワゾワ感です。
正直SingleよりALBUMかもしれません。私。
GAMEの評価は・・・
皆さん仰るとおりで、捨て曲なしの近年稀に見る出来栄えでしょうね。

GAME・edgeに不導体だった私にとってNF・ISLU・ZeroGは大好物でw
⊿Tourの参戦回数とも相まって大好きなアルバムの一枚です。
特にGAMEと比べた⊿の音作りに「引き算の美学」を感じるのは私だけではないでしょう。


ところで4thアルバムの発表はいつでしょうねぇ・・・
そうなんですね~
今日まさに「トライアングル」曲中心に聴いてました(*⌒▽⌒*)

「トライアングル」は評価が低かった時期があったんですね~。

僕はファンになった時期的に「トライアングル」の方が比較的よく聴いていたので、なんだか少しビックリしました。

「GAME」もどちらも聴くほどに魅力が増していきますよね(*^-^)
>ponchoさん
コメントありがとうございます。
私はパフュを知った頃はトライアングルが出るか出ないかの頃でして、しかもポリが聞きたい一心で買い求めたのが”GAME”でした(^^;

その後出た”トライアングル”も買いましたがあまりに”GAME”のインパクトがあり過ぎた直後だったのか
スルメの味を知るまでには至りませんでして(^^;

>今は何故か違います。
私も気が付いたら好きになっていた?みたいな
いつの間にか自分の波長に合っていたのか、自分が波長にあってしまったのか判りませんが…

兎に角
イイアルバムですよね(≧∇≦)

>PPPHIVEさん
コメントありがとうございます。
こんな思いつきでちゃちゃっと書いてしまった記事にこれだけアツいコメント、本当に感謝です(^^;
っというか皆さんアツ過ぎるコメントばかりで…。

それだけPerfumeと”GAME””トライアングル”がとても愛されているんだな~と感動しました。

>逆にそれが「GAME]に比べて1曲1曲のパンチが無いという評価を当時されてたんじゃなかったでしょうか。

ああ!そういうことだったんですね~1曲ごとのパンチを求める、ということならばやはり”GAME”な気がしますが、流れというか1枚のアルバムとしての完成度となると見方が変わってきますね。

>FCツアーで初っ端「The best thing」を初めて見た時、「ほら見ろ!これだからやめらんねぇ~!!」

なんとなくその気持ち、わかるような気がしますv
スルメの味にいかに早く気が付くか、もしくは食べず嫌いで終わってしまうのか…
私は少し遅れてからその味に気が付いたタチですのでなんとも言えませんが、確かにTbtのOPには感動してしまいましたw

>久々に考えさせられるお題を頂いたのでこんな長いコメ書いたの初めてです。
思わず熱くなってしまいました…申し訳ですm(_ _ )m

このような記事で考えを巡らせて頂いて、しかもこんなに意見をいただけるなんて…
PPPさんの熱い想いと情熱がとてもよく伝わりましたv
いや~ほんと記事よりコメ欄の方がよっぽど記事らしくなってしまって申し訳ないです(≧ヘ≦)
トライアングル
トライアングルはファンになって初めて発売日にかったCDです。
しかも初回版
あの重たい雰囲気、ラジオ出演の時のあ~ちゃん
フォローするかしゆかとのっち

スルメと言われて当時は何回聞いても正直味が出ませんでした(T-T)

良いアルバムなんだと無理矢理思い込んでました。
今は何故か違います。GAMEより好きです。理由は無いです。繋がってるからかな?

わかんにゃい
みなさんが
もうすでに仰ってますので今更何を付け足す事もありませんが…と言いながら付け足します(笑)
僕の思いでありんす。

「GAME」はやはりPerfumeが揺れ動いていた時期(コンベス後の1年8カ月間)を含む為、コンセプトの一貫性が無かった(出し様が無かった)、その事があの奇跡的な楽曲達の集大成になっていると思ってます。
Perfumeが存続できるのか出来ないのかという噂がファンの間で飛び交っていた時期の作品(2006年12月~2月・TSPS、チョコ ※余談ですがTSPSでさえ当初は限定配信のみだった為、古参ファンはこんないい曲でさえシングル化されないのか、と天を仰いだそうです。その後のFan Service "sweet"というCDタイトルは解散フラグ、ファンへの最後のファンサービスと当時古参ファンに捉えられていたそうです…その頃の古参の方談)、その後の奇跡のブレイク後の作品(2007年9月・ポリ、2008年1月・BcL、マカロニ)、そして表題曲の“GAME”や傑作“シクシク”“Take Me Take Me”“Butterfly”“Puppy Love”などアルバムGAMEの為に作られた、そして勢いに乗り始めた彼女達の新しいイメージを形作った楽曲達。
この玉石混交のアルバムが「GAME」であり、アルバムコンセプトが出し様が無い、しかし解散危機からオリコン1位までの「奇跡的な歴史」を孕んだ「奇跡的なアルバム」なんだと…

「⊿」については、当初評価が完全に分かれましたよね。Perfumeの曲にハズレ曲は無く、スルメ曲ばかりだと言う事はすでに過去何度も証明されてますし神ヤスタカがそれ1枚でツアーが出来るほどの楽曲をブチ揃えて来た、と言うのは事実だと思います。
GAME以降の2つの大きなライブで披露されたシングル楽曲達である武道館での“ラブワ”“edge”“DF”、代々木DDDでの“ORD”に「GAME」でのシクシクにあたる“NF”(CMのみシングル化無し)が絡み、そして締めの“願い”。
そこにツアーオープニングにしか使いようが無い傑作“Take off”やあ~ちゃんの為の様な軽快な“ゼログラ”や“Kiss and Music”というedge以降のバキバキを望むファン達をすかすような楽曲達をちりばめ、斜め上を行く神がどうだこのやろうとじっくりとコンセプトを練ったアルバムというのが良くわかります。
流れに澱みが無くそれぞれが非常に洗練されていて、逆にそれが「GAME]に比べて1曲1曲のパンチが無いという評価を当時されてたんじゃなかったでしょうか。

僕は⊿は出た時から大好きでした。ほほぉこういう方向性で行くのか、と神のへし曲がり振りが頼もしく思えましたし(笑)
だからFCツアーで初っ端「The best thing」を初めて見た時、「ほら見ろ!これだからやめらんねぇ~!!」と⊿を酷評した奴等に向けて叫んだ(どこで?笑)のを良く覚えています(笑)

ファンになった当初はまだコンベス+ポリ、BcLまでしか無く、その後のGAMEでのビッグバン、そして⊿へと~この流れを思い返すと本当に「考え深い」ものがありますね。
久々に考えさせられるお題を頂いたのでこんな長いコメ書いたの初めてです。
思わず熱くなってしまいました…申し訳ですm(_ _ )m
>runrun1006さん
コメントありがとうございます。

そうなんですよね~どちらもイイ!アルバムなんですが方向性と言うか味わいが違いますから結構好き嫌いが分かれてしまうんじゃないかな~と思った次第でスv

>⊿というアルバムは、私が思ったのはLIVEです。
Take offから始まり、願いで締める。そこに至るまでの曲もこのまんまでライブが出来るんじゃない?

そう言えばそうでしたv
私はライブDVDを見てからスルメを味わえるようになってきたのですが、この流れの一体感?はライブに通じるものがあったんですね~v

バッキバキなタテノリでも、のんびりドライブにも
どちらのお供も出来る、そんな楽曲を揃えているのPerfumeの魅力の一つですよねv

>JOH-Tさん
コメントありがとうございます。

>それと比べちゃうと⊿の評価も相対的に低くなるのかもしれませんね。
”相対的”に比べられるとどうしてもそうなっちゃうんでしょうけど(^^;
”絶対的”に見るととても洗練されていてカッコイイアルバムなんですけどねw

皆さんも仰られているように単純に比較するものではないようです。

>音作りが⊿のほうが若干丁寧な気がします。(異論は認めます)
そう言われれば、的な感じでなんとなく判るのですが私の言葉では上手く言い表せません…
でもアルバムの曲の流れというか構成はトライアングルの方が流れがあるような気がしますw
聞いているとあっというまに終わってしまいますねv

どっちもそれぞれに
良いアルバムだと思います(え、そんなことは知ってるって)GAMEは紛れも無い名盤です。これから先Perfumeが何枚アルバムを出すかはわかりませんが、不動のNo.1アルバムとしてその輝きは色褪せることは無いと思います。
⊿というアルバムは、私が思ったのはLIVEです。
Take offから始まり、願いで締める。そこに至るまでの曲もこのまんまでライブが出来るんじゃない?と言えるくらい自然な流れになっています。ystk氏はその辺意識して作ったんじゃないでしょうか。
チョービギナーさんの「Zero Gravity」とドライブの組み合わせ、私も同感です。夏に車で流して海辺を走りたい、そんな気にさせる曲です。
>きたろーさん
初めまして!コメントありがとうございます。
これからもよろしくお願いします!

大先輩だなんて、私もつい最近ファンになったばかりなのであまり差はないですかラ(^^;
気にしないで下さい~w

そうですね~コンベスとは一線を画すと言ってはアレですが、ガラリと印象は変わってきたと思います。
でも、今コンベスを聞いても違和感がなく聞けるのもヤスタカマジックなんでしょうかね?!

>次回作のアルバムは良い意味でファンを裏切ってくれるような挑戦をして欲しい反面、今までのPerfumeから逸脱しすぎないでって思ってます。複雑な心境ですw

是非裏切ってもらって?!新たな3人の魅力を引き出してもらえれば嬉しいですがあまり逸脱し過ぎるのも…なんてファンのわがままですが~(笑

>おっと、また熱くなってしまった><;
とんでもない、私の稚拙な文章のブログにおいて皆さんのアツいコメントはとても華になりますんで・・・!
是非これからもよろしくお願いしますv
>Perfumerさん
コメントありがとうございます。

「GAME」は確かにインパクトあり過ぎでしたねw
コレでハマっちゃった人達って多いと思います。

>比較し得ない、もはや互いを強め合う2枚といった感じを受けています。(

そう言われると妙に納得出来るような・・・互いに強め合うなんて表現、とても新鮮でドキっとしました(^^v

トライアングルの曲の流れも・・・全てが繋がって一つの流れで聞けちゃうような、一体感みたいなものがありますね。

ドライブの時は結局全ての曲をかけて、窓全開で歌うので(笑
ノドがカラカラになっちゃうんですがw

最新の彼女達が、最高の彼女達なんでしょうね~(^^
でも過去の彼女達もあとからジワリと来るところがやっぱり、一筋縄ではいかないトコロでしょうか!?

>チョービギナーさん
コメントありがとうございます。
「GAME」2000年代を代表するアルバムですか!(^^
その頃から私は洋楽邦楽問わずあまり音楽を聴いてなかったので他の廻りの曲とは比較できないのですが、確かに私の短い音楽経験からしても?強烈な印象を残すアルバム(というか楽曲たち)だと思います。

確かに”凄過ぎる”といった表現がピッタリですね。

>曲目を思い出すだけで幸せな気分になってしまう傑作です。

そう、何て言っていいのかよく判りませんが思わず目を閉じてしまうような感覚といいますか、とりあえず運転中は危険ですね(笑

>万人を納得させてしまう「音楽の魔法」がかかっている「GAME」。
波長の合う人をとことんシアワセにしてくれる「⊿」。

上手いこと仰いますね~
私は”魔法”にもかかってしまい、”波長”にも合ってしまったんですかw
確かに単純に比較してしまうのは早計な気がします。
というか比較対象にもならないというか無意味ですかね??
Perfumeは常に進んでいるので、過去と比べて良し悪しを語るよりもその違いを楽しんだ方がいいと思いましたv
GAMEのほうが
インパクトはありましたよね。
それと比べちゃうと⊿の評価も相対的に低くなるのかもしれませんね。
個人的には、GAMEのほうがまだ荒い感じがして、⊿のほうがより洗練されてきたっていうイメージなんです。
音作りが⊿のほうが若干丁寧な気がします。(異論は認めます)
両者方向性が違うと思いますので、どちらがいいというのはないんですけど。

NIGHT FLIGHTとZero Gravity、それにSpeed of Soundあたりが⊿のお気に入りです。
初めまして!
おとわしゅなさん、こんちは!

初めてコメントさせていただきます。

最近ぱふゅファンになったばかりの新参者なんで、大先輩にコメントするのも恐縮なんですけれど「GAME」「⊿」共間違いなく「スルメアルバム」ですなw

毎日聴いてても飽きませんもの・・・

逆に中毒性があって恐ろしいです(((( ;゚д゚)))

「GAME」はアイドル風味の味付け曲からの脱皮を図る過渡期的なアルバムだったように感じました。「Perfume〜Complete Best〜」から1年8ヶ月も隔たりがあり、タイトル曲の「GAME」で音楽的にも硬派な印象を与え、今までと異なるファン層を掴んだように思えます。

「⊿」は「Take off」のカウントダウンから怒涛の秀作の連鎖。息つく暇も与えない。「edge (⊿-mix) 」クールさに加え、「Zero Gravity」の愛らしくコケティッシュな曲調、「願い (Album-mix)」でみせる女性アーティストならではの包み込むような柔らかさなど、どんな音楽ジャンルが好きな人でも自分の琴線に触れる曲が詰まってるアルバムだと思います。

次回作のアルバムは良い意味でファンを裏切ってくれるような挑戦をして欲しい反面、今までのPerfumeから逸脱しすぎないでって思ってます。複雑な心境ですw

これから発表されてくるシングル・アルバムは必ず彼女たちの個性をフューチャーした作品が多くなる筈です。そうなった時、中田氏との感性の食い違いやPerfumeのメンバーそれぞれの好みも関係してくるだろうし、そういう意味で次のアルバムは注目しております。

おっと、また熱くなってしまった><;

これからも拝読させて頂きますので、よろしくお願いいたします!
一般的には
シングル曲が多いのが原因だと言われてますね。
確かにGAMEはタイトル曲のGAMEだけでもファンのド肝を抜きましたから、インパクトには欠けてたのかも知れません…
ですが、ポリ→GAMEとブレイクした後、一発屋ではなく、
一人前のアーティストとしてその後も爆進し続けた証、
これぞ3人(語弊ありそうですがw)という象徴が記号にも表れているアルバム、
それが「? トライアングル」ではないか。そう僕は感じてます。
↑…っていうのも後付けに近いのですがf^_^;笑
初めて聞いた時もTake off→ltwのような繋ぎに普通に「うおぉー!」ってなってましたから!あれはシングル曲多いアルバムならではですし^^
Perfumeの曲は一聴じゃあ右から左だと僕の尊敬するあの西脇綾香さんも仰っていましたし
何度も聴けば聴くほどその深みを感じ、深みに酔いしれ、深みにハマって抜け出せないのがPerfumeですからw
なのでGAMEとどっちが好き?なんていうのは愚問です。チョービギナーさんの仰る通り比較し得ない、もはや互いを強め合う2枚といった感じを受けています。(チョービギナーさん、車でZGは想像しただけで気持ちいいです!^O^)彼女達がぐんぐんと成長していた時期の2枚ですから、全く違って当然ですしどっちにも考え深いものを感じます。
アルバムとはライブ以外で、今現在リアルの彼女達=Perfumeに出会えるものだと考えています。

2011年の一発目がシングルと発表され、アルバムが待ち遠しいですが、僕は期待や憶測はあまりしてません。
それは期待を越えるとかシングルの多少などといったことさえちっぽけに見える感情
「早く新しい彼女達に会いたい!」それだけです。
長々と失礼しましたm(_ _)m
アルバム「GAME」は00年代を代表するものの一つ。
アルバム「GAME」はとにかく別格の作品でした。私の中の感覚では
2000年代という10年間の括りの中で日本のアーティストというジャンルの中、
5指に入る「時代を象徴するアルバム」だったと勝手に思っています。
つまり比較をするのにはあまりに凄すぎるアルバムだったのです。

じゃあアルバム「⊿」はどうだったのか。もちろん大好きなアルバムです。
「ドリファイ」「ラブワ」「ワンコ」が入ってるだけでスゴイのに「edge」
「I still love U」そして「NGHT FLIGHT」「Kiss & Music」に
「ゼログラ」「願い」。曲目を思い出すだけで幸せな気分になってしまう傑作です。

万人を納得させてしまう「音楽の魔法」がかかっている「GAME」。
波長の合う人をとことんシアワセにしてくれる「⊿」。
どちらもperfumeというアーティストが2年続けてリリースしたアルバムでは
ありますが、それは比較できるシロモノではないのだ。と、私は「外部の人たち(笑)」に
声を大にしていいたいのです。
それぞれの素晴らしさを自分なりに楽しめてさえいればそれで良い。
面白くも何ともないコメではありますが、あの3人娘さん達もきっと同調してくれるのでは、
と勝手に思い込んでいます(笑)。

普段、ドライブもめったにしない人間ですが「Zero Gravity」を車で聴く爽快感は
一体何に例えたら良いのでしょうか。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ceramicsboy.blog27.fc2.com/tb.php/277-0f9b04a6
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
勝手にリンク(^^;
ナタリー
キモい情報♪
pixiv
あわせてこ♪
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。